2014年

4月

04日

38 スンバイカットの小さな絵と大きな絵/Yvonne(イボンヌ)

テキスタイルアート。めずらしいテクスチャーや抽象的な色彩図形、それとも古いキモノ。そういったことをイメージしがちでは?しかし、伝統的な紋様図形のアートについては、あまり紹介されていないようです。たとえば、スンバ島(インドネシア)のイカット紋様は、絣(かすり)織布の中でも大きな具象紋様(馬、トリ、人間など)が特徴的です。今まで研究者やコレクターたちは、紋様の個々の意味にスポットをあてるに留まってきました。今回のワークショップでは、ミュージアムクラスの布を用いて伝統的な染織図形(特に絣=反復する図形)の鑑賞テクニックを説明します。スンバイカットの試着も体験できます。

 

【会 場】手打ちそばとお酒と肴 Yvonne(イボンヌ) 中央区瓦屋町2-13-9

【日 時】5/11(日)16:00~17:30

【参加費】1,500円(生ビール、グラスワイン、お茶、玄米コーヒーいずれか一杯込)

【定 員】13人

【申 込】電話/06-6763-1023

【HP】手打ちそばとお酒と肴 Yvonne(イボンヌ)